大学院教育 / GRADUATE Program

ご挨拶

所長挨拶

喜連川 優 / 国立情報学研究所長

喜連川 優
領域を越えた広い視野と高い見識を持った創造的な人材を育成する

「情報学」は、21世紀社会に一層大きく発展すると期待されている学術分野であり、数学などの基礎学術から、計算機のアーキテクチャやネットワーク などの基盤、ソフトウエアやメディア工学、人工知能、情報社会学や研究情報学など、自然科学から人文・社会科学までを幅広く横断して情報に関する広範な学術領域に総合的に関わる学際分野です。
情報・システム研究機構「国立情報学研究所」はこの情報学に関する総合的研究を行うと共に、学術情報の流通に関する先端基盤の開発と整備、そしてその運用を行う研究所です。国内諸大学との共同研究を推進するとともに、海外各国のトップレベルの大学・研究機関と連携して、情報社会の発展・進歩に貢献しています。事業の面では、研究成果を速やかに反映させた諸事業を展開しています。このようにして、研究・教育と事業とを車の両輪のように連携させて本研究所は他では出来ない固有の研究教育を推進しています。

総合研究大学院大学は、我が国の科学技術・学術研究の推進拠点である18の大学共同利用機関によって設立され支えられている、国際的にユニークな国立研究大学院大学で、国立情報学研究所はその一つの専攻である情報学専攻を担当しています。

国立情報学研究所で行う情報学専攻の教育には、研究所の第一級の教授・准教授・助教が参加しています。私達は、学生諸君が領域を越えた広い視野を持ちながら、各自の問題に集中し、狭い分野のみに閉じこもる視野の狭い職業人ではなく、高い見識を持った創造的な人間になっていただくように願っています。当専攻で学ぶことにより学生諸君に 1)各自の専門分野でプロジェクトを企画できる力、2)各自の専門分野で新しい課題を解決できる力、3)プロジェクトを遂行しぬく情熱、4)各自の課題に関する情報を集める力、そして5)成果をまとめて発表できる力を備えた人物に成長してほしいと考えています。
意欲に満ちた方々が、1人でも多く、情報学専攻に入学され、先端的な高度情報通信社会を担うべく、新たな挑戦を試みられることを、我々は期待しております。

専攻長挨拶

杉本 晃宏 / 情報学専攻長

杉本 晃宏
情報学という学問を深める

情報学専攻は、情報基礎科学、情報基盤科学、ソフトウェア科学、情報メディア科学、知能システム科学、および情報環境科学の6つの分野で構成されています。これらは、従来の計算機科学、情報工学にとどまらず、データサイエンティストに必要とされている人工知能、数理、さらには人間や社会を対象とする人文情報学、社会情報学を広くカバーする総合的な学問分野です。当専攻では基礎・応用・実用のさまざまなフェーズの研究・教育が行われていて、研究者を養成するとともに、高度な専門職業人を養成し、情報学の分野で活躍するリーダーを育成することを目的としています。

学部卒業生は博士課程(5年一貫制)で個々のテーマにじっくり取り組み、修士課程修了生は博士課程(3年次編入学)でそれまでの研究を発展させたテーマに集中して取り組むことができるよう指導プログラムを整えています。デュアル・ディグリー制度を利用して、一定期間、海外の研究教育機関で博士研究の指導を受けることも可能になっています。また、国立情報学研究所の一員として、日常的に国際連携の環境の中で学び、様々な研究プロジェクトに参加し、国際的研究者としての訓練を積むこともできます。留学生の割合が高いことも重要な特徴で、英語による講義科目が多く、英語でゼミを行う研究室も少なくありません。国際的な活躍を目指す若者にとっては得難い環境になっています。

副専攻長挨拶

山田 誠二 / 情報学副専攻長(教育研究担当)

山田 誠二
世界に通用するトップレベルの研究人材をNIIで育成する

情報学専攻は国立情報学研究所(NII)に設置しており、学生の皆さんは指導教員の研究室に所属し、研究所の一研究員として研究活動に励みます。このために、(社会人学生と国費留学生を除く)学生を積極的に研究所がリサーチ・アシスタントとして採用し、皆さんを経済的に支援します。日進月歩の技術を吸収する傍ら、指導教員やアドバイザーの教員からの研究指導を受け、国際会議発表やジャーナル論文執筆に励んでもらい、優れたオリジナル研究で博士の学位を取得してもらうことになります。世界トップレベルの研究者でもある教員の手によって、世界に通用するトップレベルの研究人材を育成する、これが情報学専攻のミッションなのです。

相澤 彰子 / 情報学副専攻長(国際連携担当)

相澤 彰子
国際色豊かな情報学専攻で学ぼう

情報学専攻が設置されている国立情報学研究所は海外の約100の大学や研究機関と国際交流協定を結んでおり、情報学の幅広い分野で国際共同研究を展開しています。海外からの学生や訪問研究者を多く受け入れており、情報学専攻の学生の半数以上が留学生です。専攻では、英語による講義や研究指導が多く行われており、各種制度による奨学金の提供、学生の海外短期滞在のサポートも行っています。また、学生が研究成果を国際会議等の場で積極的に発表していくことを推奨しています。異文化が交差する環境の中でグローバルな感覚を養いながら、幅広い視野と高度な専門知識を身につけ、情報学分野の将来を担う人材の育成を目指しています。

国立大学法人 総合研究大学院大学
複合科学研究科情報学専攻

国立大学法人 総合研究大学院大学 大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所 / National Institute of Informatics